アール・ヌーボーの華 アルフォンス・ミュシャ

ミュシャは、チェコ・モラヴィア地方のイヴァンチッツエに生まれました。
その後、プラハやウィーン、ミュンヘンなどを経て、1894年にパリで彼の名を
不動のものにした伝説的女優サラ・ベルナールと出会い、一躍アール・ヌーヴォーの
寵児としてデビューします。その後も、ポスターだけでなく、様々な分野で、多様な
展開を見せ、アメリカの滞在を経た後、スラブ民族の歴史を描いた大作「スラブ叙事詩」
を完成させ、1939年にプラハで亡くなりました。

★ ミュシャの写真と直筆サイン
gallery_kjp-img600x416-14139669846bwqor17599-1