ミュシャ 挿画本

ミュシャの画家としての仕事は挿絵から始まりました。
1889年、パリで勉強していた頃に、生活のために雑誌の表紙や挿絵を描くようになりました。
仕方なく始めた仕事ですが、1年もしないうちにパリやプラハの出版界で注目を集めました。

ミュシャの挿絵は すぐれたデッサン力があり、全体の画面構成が見事です。
1人1人の人物が生き生きと克明に描かれていて、ドラマチックな表現で描いています。

当社では、「ラマ」や「白い像の伝説」他珍しいオリジナル挿画本が多数ございます。

★ 「ラマ」エディション入り 特別装丁、豪華特別ケース付き
スキャン342
スキャン343